内緒の約束(エピソード6) | NPO法人 光と風と夢

内緒の約束(エピソード6)

みんなのいえがスタートして間もなく、誕生日を迎えるスタッフのため、ある子どもと誕生日のサプライズを計画しました。「何を誕生日に贈ろうか」と考えた末、手作りの物を贈ろうということになりました。もちろん、誕生日のスタッフには内緒です。翌日、スーパーで待ち合わせをして買出しをすることに・・・「明日は、スーパーに朝9時に来てね(待ち合わせ)内緒の約束だよ」と、子どもに手紙を書き残して翌日の朝を迎えました。しかし、時間になっても、子どもは現れません・・・どういうことか?みんなのいえはとうに出て、スーパーに向かったと聞いているのに・・・いったいどこへ!?いくら待っても姿をみせない子どもを諦め、スタッフが買い物をすることにしました。すると、しばらくして買い物をしているスタッフの前に、その子どもが現れました。子ども曰く、待ち合わせ場所には随分と前から来ていて、スタッフが待っている姿をずっと隠れて観察していたのだそうです。驚かされたというか・・・からかわれていたのですが(笑)その子どもと2人で相談して決めたケーキ、グラタン、シャーピンの材料を買い、みんなのいえの台所で予定通り、誕生日の準備スタート。シャーピン(中国のおやきみたいなもの)作りは初めてだったので、子どもに1から10まで教わりました。誕生日のスタッフが帰宅するのを待ち、「おめでとう~!」とサプライズは大成功!お祝いをして、笑い声が響く、とても賑やかな時間となりました。誰かに喜んでもらいたいという気持ち、喜んでいる顔を思い浮かべながら支度をする時のワクワクした気持ち、こうした豊かな時間の積み重ねを、これからも、みんなのいえは大切にしていきたいと思います。